ここから本文です。

近さが魅力! 3密回避でリフレッシュ 地元旅PICK UP

静岡県で‟しん”呼吸できる場所を見つけよう

新芽の息吹感じる美しい茶園で、信仰、芸術の源泉、霊峰富士を仰ぎ見る。
心を清め、新しい賑わいに触れ深く息をする。新、信、心、清、新、賑、深…。
あなたのとっておきの“しん”が、静岡県にあります。
今回は、賑わいの“しん”の「伊豆ぐらんぱる公園」、親子の“しん”の「まかいの牧場」、新しくなった “しん”の蓮華寺池公園、神様の“しん”の「小國神社」をご紹介します。

  • 伊東市 | 伊豆高原グランイルミ(伊豆ぐらんぱる公園)

    伊豆高原のレジャー施設「伊豆ぐらんぱる公園」が、夜になると体験型イルミネーション施設「伊豆高原グランイルミ」に。約8万平方メートルの園内に敷き詰められたLED電球が、幻想的な風景を演出し、写真映えすると話題に。2020年にはイルミネーションアワード・プロフェッショナルパフォーマンス部門で第1位を獲得した注目スポットです。往復400mのワイヤーロープで滑空する「ジップライン〜流星 RYUSEI〜」は、人気のアトラクション。夜に浮かぶ光のイルミネーションの上を一気に滑るスリリングさと感動が同時に味わうことができます。
    また、10分間隔で開催されるショータイムも。曲に合わせてイルミネーションが踊り出す「光と音のショー」、オーロラのような幻想的な世界「フルカラーレーザーショー」、大型LEDビジョンと音のコラボ「グランビジョンショー」は見応えあり。夜行性動物とのふれあいコーナーもあり、見どころも遊びどころも盛りだくさん。大人から子どもまで、伊豆の夜をパワフルに満喫できます。


    伊東市 伊豆高原グランイルミ(伊豆ぐらんぱる公園)
    ※季節によって営業日・営業時間に変更あり
    所在地:静岡県伊東市富戸1090
    TEL:0557-51-1122(伊豆ぐらんぱる公園)
    https://granillumi.com
  • 富士宮市 | まかいの牧場

    雄大な富士山の麓に広がる朝霧高原は、日本でも有数の酪農地帯。「まかいの牧場」は、自然と動物とふれあえる体験型の牧場で、牛の乳搾りや羊の放牧、仔牛のミルクやりなど牧場ならではのふれあい体験が用意されています。特に春の牧場は、動物たちの出産や春の花々でにぎわいます。トラクターに乗ってのどかな園内を一周することもできるので、家族で、友人で、カップルでと楽しんでみてはいかがでしょう。
    食の体験工房では、バター作りやソーセージ作りを開催しています。「まきば農園」では、種まきから収穫まで完全サポートしてもらえる野菜作り体験も可能です。
    また、キャンプエリアでは、話題のグランピングが日帰りで満喫できるプランも。富士山麓のブランド牛やブランド豚がバーベキューで味わえる食事セットもおすすめです。お土産店では、牧場オリジナルの牛乳やチーズケーキ、プリンが人気。濃厚な自家製ソフトクリームは訪れたらぜひ味わいたい逸品です。


    富士宮市 まかいの牧場
    所在地:静岡県富士宮市内野1327-1
    入園料:大人600円、子ども300円(12月〜3月19日)、大人800円、子ども500円(3月20日〜11月)
    TEL:0544−54−0342
    https://www.makaino.com
  • 藤枝市 | 蓮華寺池公園

    静岡県中部にある「花・水・鳥・笑顔」がテーマの公園。現在リニューアルが進み、より美しく利用しやすい公園へと生まれ変わっています。花に囲まれた園内は、毎月異なる季節の花が楽しめます。1月から2月にかけては、約380本の梅の木が紅白の花を咲かせる梅園が見どころ。季節の花は暖かくなるごとににぎやかになり、春には約1300本の桜が開花。4月になると市の花でもある名物・藤が咲き始め、園内は甘い香りで包まれます。中央の蓮華寺池周りには約130本、総延長500mにも及ぶ藤棚があり、4月下旬からゴールデンウィークの間に、毎年「藤まつり」が開催されます。そして、7月から9月は1.2ヘクタールに渡って群生する蓮が花を開き、訪れる人々を魅了します。
    子どもから大人気のジャンボ滑り台は、2020年にリニューアルされたばかり。スタート台から公園と志太平野が一望できる開放的なローラー型滑り台です。園内には日本庭園や飲食店、郷土博物館や文学館もあり、楽しみ方いろいろ。コースによってはハイキング気分を味わうこともでき、登った先では古墳にも出会えます。周辺にはカフェや飲食店が続々とオープンし、注目のスポットになっています。


    藤枝市 蓮華寺池公園
    所在地:静岡県藤枝市若王子474-1
    TEL:054-643-3487(藤枝市 花と緑の課)
    https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/rengeji/index.html
  • 森町 | 遠江國一宮 小國神社

    静岡県西部にある遠州の小京都・森町。京都を思わせる風情ある町の象徴的存在が、1460余年の歴史を持つ古社「小國神社」です。大黒様として語り継がれる「大己貴命(おおなむちのみこと)」をご祭神とし、長く人々に親しまれてきました。参道には悠久の歴史を物語る杉の大木が厳かに続き、神聖な空気に包まれます。その先に構える社殿は総檜皮葺の圧巻の迫力。森に囲まれた境内は、自然が織りなす四季の移ろいも見どころです。
    社殿のすぐそばを流れる宮川のほとりは、春になると桜が咲き、夏には青葉もみじ、秋には紅葉した木々が錦絵のような風景を彩ります。入り口近くには1200坪の「一宮花しょうぶ園」があり、約8万本の菖蒲の花が咲き競う風景は、初夏の風物詩。
    神社の入り口付近にある「小國ことまち横丁」も参拝のお楽しみのひとつ。飲食店やみやげ店が軒を連ね、心躍るひと時が過ごせます。季節ごとに訪れてみてはいかがでしょう。


    森町 遠江國一宮 小國神社
    所在地:静岡県周知郡森町一宮3956-1
    TEL:0538-89-7302(小國神社社務所)
    http://www.okunijinja.or.jp

※新型コロナウイルス感染状況により、イベント等の開催は変更になる可能性があります。事前にご確認の上、お出かけください。
※お出かけの際は、新しい旅のエチケットを守り、安全安心の旅をお楽しみください。

トップページ > 地元旅PICK UP > 静岡県で‟しん”呼吸できる場所を見つけよう