ここから本文です。

近さが魅力! 3密回避でリフレッシュ 地元旅PICK UP

寒い季節に訪れる最初の春の便り。初春の花めぐり

  • 熱海市 | ひと足先にあたみ桜で春気分

    伊豆の玄関口として知られる熱海。
    熱海温泉は、湯量が豊富で、街中でも源泉掛け流しの温泉をたっぷり楽しむことができ、また、市内のそこかしこに湯気が立ち上り、風情を感じることができます。
    市内の中心部を流れる糸川沿いでは、日本で最も早咲きの桜「あたみ桜」を2月中旬まで鑑賞することができます。
    あたみ桜は一つひとつの花が大きく、鮮やかな濃いピンク色。一般的な桜は1~2週間で散ってしまいますが、1カ月以上咲き続け、開花期間が非常に長いのも特徴です。例年1月頃から糸川沿い一帯がピンク色に染まり、ひと足早い春を告げます。
    開花時期に合わせ、毎年「あたみ桜糸川桜まつり」が開催されます。期間中、夜間は糸川遊歩道沿いがライトアップされるので、夜の温泉街をお散歩がてら、ひと足早いお花見に出かけてみてはいかがでしょうか。桜まつりの情報はホームページで確認を。


    熱海市 糸川のあたみ桜
    「あたみ桜糸川桜まつり」開催期間: 2021年1月9日(土)~2月7日(日)
    所在地:静岡県熱海市銀座町・中央町の境
    TEL:0557-85-2222(熱海市観光協会)
    https://www.ataminews.gr.jp/event/208/
  • 富士市 | 紅白の梅花が甘い香りで包み込む岩本山公園

    世界の宝・富士山に抱かれた富士市。富士市の西部にある「岩本山公園」は、梅の名所として知られています。岩本山は面積約13ヘクタールを誇る壮大な丘陵地で、富士山や富士川、南アルプス、伊豆の山々まで見渡すことができる絶景スポットです。
    この広大な園内の見どころの一つが梅園です。1月から3月まで約30品種約400本の梅の花が次から次に咲き、可憐な紅白の花と甘い香りが、訪れる人を楽しませてくれます。梅が終わる3月から5月にかけては、梅園の隣にある野生ツツジの森で白やピンクの野生ツツジが順次開花し37種の野生種が咲き誇り、広場のソメイヨシノも満開に。春の園内は、梅から桜の季節まで花見スポットとしてにぎわいます。
    夏には甘い樹液を求めて集まったクワガタやセミを観察することができます。秋にはモミジが赤く染まり、栗やどんぐり拾いも楽しめます。冬はなんといっても雪化粧をした大迫力の富士山。訪れる度に表情を変える岩本山公園。季節ごとに訪れてみてはいかがでしょうか。


    富士市 岩本山公園
    所在地:静岡県富士市岩本字花木立1605
    TEL:0545-55-3553(富士市振興公社公園事業課)
    https://www.city.fuji.shizuoka.jp/machi/c1404/fmervo0000007p0u.html
  • 牧之原市 | 約700本の梅が競演する相良梅園

    広大な茶畑が広がるのどかな牧之原市。
    地域唯一の梅園「相良梅園」では、2月から3月上旬にかけ、梅の花が見頃を迎えます。
    自然の起伏をそのまま生かし、山の斜面を利用した園内には、白加賀や南高梅、寒紅梅、枝垂れ梅など20品種、約700本の梅の木が咲き誇ります。
    時間にゆとりを持って、ゆっくりのんびり散策するのがおすすめです。
    梅園は開花に合わせて一般公開され、期間中は地場産品も販売されます。中でも自家製梅干しは大人気です。
    3月が終わりに近づくと、今度は牧之原市内を流れる勝間田川の桜が見頃を迎え、両岸に植えられた約600本の桜が圧巻の桜トンネルを作ります。
    4月になるとお茶の芽が芽吹き、茶畑は一面柔らかな緑色に。
    4月下旬から一斉に始まる茶摘みの風景もまた風情があり、春の牧之原は見どころ盛りだくさんです。


    牧之原市 相良梅園
    所在地:静岡県牧之原市片浜1521
    入園料:大人500円(梅干し付き)、小学生200円
    TEL:0548-52-2546
    https://www.city.makinohara.shizuoka.jp/site/kanko/32589.html
  • 御前崎市 | 砂丘のそばに続く河津桜の並木道

    遠州灘に広がる砂丘「浜岡砂丘」は、太平洋側最大の砂丘として知られ、冬には風が作り出す波模様の芸術「風紋」が現れます。その砂丘の入り口にある白砂(しらすな)公園は、広大な自然公園となっており、四季折々の草花を観察することができます。
    毎年2月中旬から3月中旬にかけては、早咲きの桜「河津桜」を鑑賞することができます。約230本の桜が自転車道沿いに植えられ、濃い桃色に染まった桜並木が約600メートル続きます。道は平坦なのでベビーカーや車椅子でも安心。また、毎年桜の開花時期に合わせて「浜岡砂丘さくら祭り」が開催され、にぎわいを見せます。(※2021年は中止)
    御前崎市は、ほかにも御前埼灯台や磯遊びなど、一年を通して見どころ遊びどころがいっぱい。あれこれコースを考えて、季節ごとに御前崎巡りを楽しむのもおすすめです。


    御前崎市 白砂公園
    所在地:静岡県御前崎市池新田9124
    TEL:0548-63-2001(御前崎市観光協会)
    http://www.omaezaki.gr.jp/contents/detail.html?s=1091
トップページ > 地元旅PICK UP > 寒い季節に訪れる最初の春の便り。初春の花めぐり