ここから本文です。

近さが魅力! 3密回避でリフレッシュ 地元旅PICK UP

【伊豆~中部エリア】富士山や地球環境史について学べる施設や、工場見学で楽しく遊びながら学ぼう

  • 富士宮市|富士山を堪能できるフォトジェニックな施設

    「静岡県富士山世界遺産センター」は、世界文化遺産である富士山の価値を後世へ守り、伝えるための拠点施設。富士山の歴史や文化、自然などを様々な視点から紹介しており、らせんスロープを登りながら富士登山を擬似体験することもできます。施設内では、富士山の自然がもたらした食材を使った軽食や富士山の湧水を使用した挽きたてコーヒー、ソフトクリームなどをいただくことができます。また、ミュージアムショップでは、富士山にちなんださまざまな商品を販売しています。
    8月31日まで、静岡県・山梨県在住者の方は、一般観覧料が半額(150円)になります。また、8月13日~8月16日まで、自分で描いた絵で世界でひとつだけのオリジナル缶バッジを作るイベントを実施中です。(高校生までとそのご家族限定)

  • お問い合わせ

    静岡県富士山世界遺産センター/電話:0544-21-3776

  • 静岡市|全国初の「地球環境史」の博物館で自然環境について学ぶ

    全国初の「地球環境史」の博物館として、新しい地域づくりの実 践の学として体系づけ、常設展や企画展などの展示の他、講座や 催し物を開催しています。 8月23日までは、企画展「消えゆく隣人ー静岡県レッドリストの絶滅危惧種ー」を開催中。静岡県では12種の動植物が既に絶滅(地域絶滅)したことが確認され、その他にも、県内に生育する619種もの生物が、絶滅の危機に瀕するか、絶滅の危険が増大している「絶滅危惧種」と評価されました。本企画展では、静岡県レッドリストに掲載された絶滅危惧種を実物標本で紹介し、県内の自然環境や生育生物に今なにが起きているのかを考えます。
    8月31日まで、静岡県・山梨県在住者の方は、一般観覧料が半額(150円)になります。

  • お問い合わせ

    ふじのくに地球環境史ミュージアム/電話:054-260-7111

  • 函南町|伊豆の玄関口にある道の駅。無料で楽しめるミュージアム・テーマパークも

    「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」は、伊豆の食材を集めた飲食店、伊豆の魅力を感じさせる物販店、情報を発信する案内所、新しい可能性を生み出せる貸出施設など、「伊豆の魅力」が集まる施設。
    こちらに車をお置いたまま、左右に隣接する「山本食品 伊豆わさびミュージアム」「かねふく めんたいパーク伊豆」に遊びに行くことができます。わさびの匂いを全身で浴びたり、わさびの歴史を学べる「山本食品 伊豆わさびミュージアム」、明太子の豆知識を楽しく学べて、富士山が一望できるテラスで足湯もできる、明太子のテーマパーク「かねふく めんたいパーク伊豆」。いずれも入場無料でお楽しみいただけます。
    3施設でのお食事やお買い物の合計金額が1,000円以上(税込)のレシートを、「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」の観光案内所に提示すると、ガラポンに1回チャレンジできます。出た色によって、各施設より嬉しい景品をプレゼント!

  • お問い合わせ

    道の駅 伊豆ゲートウェイ函南/電話:055-979-1112

トップページ > 地元旅PICK UP > 【伊豆~中部エリア】富士山や地球環境史について学べる施設や、工場見学で楽しく遊びながら学ぼう